Work

Project
東京メトロ銀座線 青山一丁目駅 外苑前駅
Category
Station
Year
2020
Location
JAPAN
Designer in Charge
Tsuyako Gushi

 

 

 

「ACO-GARE」
“あこがれ” と“街並み”の調和
地上に広がる街へ胸を躍らせて

 

2020年10月、東京メトロ銀座線〈青山一丁目駅〉〈外苑前駅〉がリニューアル。
東京メトロ銀座線駅デザインコンペ(2016年)で最優秀賞を受賞し、
駅のデザインコンセプトから設計を担当しました。

 

トレンドの発信地として、人々の注目を集める青山エリア。フランス語で調和を意味するAccordと、駅を意味する

Gareを組み合わせた造語をコンセプトに、人々が青山に抱く憧れと、実際に訪れたときに感じる街の魅力、それらが

合わさり、調和された駅デザインを目指しました。人々が青山に抱く“あこがれ”といえば、青山一丁目エリアは、

上品な住宅街、外苑前エリアは、競技場のスポーツの歴史など。各駅のデザインに展開し、外苑前駅の天井には

競技場のトラックをイメージした光のトラックライン、柱には反鏡面スリットを施し、スポーツ観戦に来た人々のユニ

フォームや衣類が映り込み、試合によって駅に彩りを与えることをイメージしました。プラットホームの壁には

青山霊園の桜並木や、明治神宮外苑の銀杏並木をモチーフにしたデザインを配し、統一されたデザイン構成で、

駅と駅をゆるやかに繋ぎます。